TAKE
Beauty
地球にやさしい素材 地球にやさしい素材
竹はタケノコから2〜3ヶ月で1人前の大きさになり葉を茂らせ光合成を開始します。竹が光合成によって空気中の二酸化炭素を取り込む量は、木材に匹敵します。竹を材料とした家具を使うことは“地球温暖化の防止”に大いに貢献していることになります。
1.5倍の強度 1.5倍の強度
竹の繊維質は強化プラスチック(FRP)の繊維構造と同様に最少量の強化繊維で最大の強度を発揮できるよう組織されています。強度テストによると孟宗竹はヒノキと比べて約1.5〜2倍の強度を持っています。
半分の軽さ 軽さ
金属と木材の中間の強度を持つ竹は、ナラやヒノキに比べ、比重は多少重いが、その強さ、弾力性を生かして、薄く、細くデザインすることができます。
それは軽さにつながります。
萩のTAKE 萩のTAKE
山口県は全国でも四番目の規模を誇る竹林面積を有しており、なかでも萩市周辺は古くから竹の産地として知られています。冬には雪が積もる萩の気候の中で育った竹は「硬く」「粘り」があり良質なであることから、古くから「高級和すだれ」や「札幌市・函館市のササラ電車」などに使われ高い評価を受けてきました。